読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インベストメント&ピース

長期分散投資で資産形成中です。投資の話を中心に書いていきたいと思います。

不動産が安心だと思う理由

f:id:sackana:20160822233650j:plain

私は持ち家は保有しておらず、賃貸で暮らしています。

投資用不動産も持っていないため、私の資産の中で不動産が占める割合は0%です。

今後としても当面は投資用不動産を購入することはないと思います。

主な理由は今の保有資産額に対して金額が大きすぎるということと、不動産の管理が面倒ということがあげられます。

他にも理由はあるのですが、今のところ不動産投資に優位性は感じていないということです。

ただし、日本人は不動産に対して特別な思い入れを持っているのではないかと思っています。海外の人でもそうかもしれませんが。

私も投資の勉強をしていなかったらそう思っているかもしれません。

不動産投資に限らず投資によって得られる利益はキャピタルゲインインカムゲインで構成されています。


不動産投資をする場合のキャピタルゲインは将来地価が上がり不動産価値が上がることによって得られる利益です。インカムゲインは、毎月の家賃収入です。

一方、株式投資の場合は、キャピタルゲインは値上がり益。インカムゲインは配当です。

インカムゲインは不動産の場合、家賃なので空室のリスクがありますが、一旦契約してしまえば、すぐには引っ越さないため比較的安定しています。

株式の場合は、配当であり、会社の業績がよかった場合に株主に対して利益を分配するというものですので、ブレがあります。

なので基本的にはどちらを選好するかの違いなのですが、株式はフワフワしたもので実体がなく(証券会社のウェブサイトに銘柄と数値が表示されるのみ)、いつ潰れるかも分からないし、ギャンブルみたいなものなので不安。

不動産は現物として存在するし、何より家賃収入という見えるものなので安心。
という感じなのではないでしょうか。


不動産投資のリターン以外の点についても合理的な投資であると理解できればありだとは思いますが、今のところはありません。

日本のように人口が減る中で不動産価格が将来に渡って上がり続けるとは思えませんし、そのような物件があったとしても素人の個人が手に入れられるとは思えません。

個人の選好の問題なので不動産投資がダメだと言っている訳ではありません。

私としては、様々なビジネスを通じて消費者に価値を提供できる企業の方が好きで、そういった株式に投資していきたいといった感じです。