読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インベストメント&ピース

長期分散投資で資産形成中です。投資の話を中心に書いていきたいと思います。

円高に振れました - ISM非製造業景況感指数

経済

サービスのイメージ画像

先週は米国の利上げ期待が高まり円安方向に進んでいましたが、再び円高方向に振れました。現在1ドル101円台後半となっています。

円高に振れた理由

9/6に発表された8月のISM非製造業景況感指数が予想を大幅に下回ったことを受けての反応のようです。事前予想は55.0ポイントでしたが、実際は51.4でした。

f:id:sackana:20160908005111g:plain

出所:The Wall Street Journal

ISM非製造業景況感指数とは

毎月1回発表され、米国のサービス業における景気の状況を表します。サービス業は米国のGDPの7割を占めるものであり重要な指標となります。

見方としては50を上回っていると景気拡大、下回っていると景気後退を表す先行指標になります。今回は50を上回っていますが、期待に全く届かないということで、9月利上げの可能性が18%に下落しました。先週末の米雇用統計も予想と比べて微妙でしたので反応については妥当かと思います。

まとめ

為替は苦手です。動きの原因となる要素が多すぎて追いかけられませんし、全く予測がつきません。短期的な売買をするわけではないのですが、しばらくウォッチしていきたいと思います。