読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インベストメント&ピース

長期分散投資で資産形成中です。投資の話を中心に書いていきたいと思います。

円高に振れた理由 - FOMC金利据え置き

経済

ドル札のイメージ画像

1ドル100円台前半と円高に振れました。

円高に振れた理由

円高に振れた理由ですが、9月20日・21日に行なわれたFOMC(米連邦公開市場委員会)でFRB(米連邦準備理事会)が金利の据え置きを決定したためです。大方の事前予想の通りとなりました。

ただし、年内に利上げをする見込みが高く、年内残りのFOMCの開催は11月1日からと12月13日からの2回のみとなります。どちらかの開催で利上げの決定が予想されますが、11月の開催は大統領選挙の1週間前であるため、恐らく12月の利上げが濃厚とのことです。

資産運用への影響

資産運用への影響ですが、米国は現在ドル安・株高という状況であり、どこまで市場の予測が織り込み済みであるかを測ることは難しいのですが、年末に利上げが決定されると現在の株価の上昇トレンドが失われると思っています。

そのため私のように米国株を買い増そうとしている人にとっては、今は株ではなくドルを買うチャンスだと思っています。

私の今後の投資戦略

年内はドルをドルコスト平均法で定期的に購入していく戦略を取るつもりです。1週間に1度のペースで一定の金額をドル転します。主には米国市場に上場しているETF、個別株の来年購入用のドル資金ですね。

ただし、私のように長期投資を行っている人はどんな状況であろうと打算的なタイミング投資をせず、自分で決めたアセットアロケーションに従って一貫した投資方法で投資を続けることの方が長期的にパフォーマンスが上がると思っています。

株高だから買わない、今は下がっているから底値まで待つとかの投資判断は難しいということです。

私の今の状況はアセットアロケーションを目標に近づけるために追加投資をしている状態であるため、上記のような戦略を取ろうと思っており、通常行なっているインデックスファンドの積み立て購入も変わらず続けます。

investment-and-peace.hatenablog.com

↓何かのお役に立てた場合はクリック頂けると嬉しいです!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村